プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

第67回お花見レガッタの出漕のお知らせ

こんにちは、千葉大学漕艇部主将の笠原です
この度は3月24日~25日に開催される第67回お花見レガッタのお知らせをさせていただきます

第67回お花見レガッタ1日目 3月24日(金)
M2X
千葉大学A(S笠原 B李)
No.24 HeatD 11:18発艇 1→SF
1.学習院大学B
2.千葉大学A
3.早稲田大学理工漕艇部
4.日本大学
5.立教大学B
6.新潟大学

M2X
千葉大学B(S佐藤 B栢口)
No.22 HeatB 11:06発艇 1→SF
1.千葉大学B
2.自治医科大学B
3.中央大学理工ボート部
4.トヨタ紡織B
5.日本体育大学B
6.東京大学


オンシーズンの始まりとなる大会であり、長い冬トレの成果を出してやろうと漕手一同気合いが入っています。
岸蹴りの時間は後程ご連絡します。応援よろしくお願いいたします。

はるいちばん!

どうも皆さま、千葉大ボート部新二年生の李浩澄です。吹き荒れていた寒風🌪も、暖かくなって参りましたね。今日3/8に工学部の成績発表があり、僕は晴れて艇庫のGPA を牛耳る💪ことになりました。
と、まあ春なってきたのですが、雨☂️の日が多くなり、水上で漕ぐのはやっぱり寒い🍃です。
さて、もうすぐ僕らも新一年生を迎えることになりますが、楽しみ✌️な反面怖くもあります。新入生が来なかったどうしよう、新入生の肌が黒かったらどうしようと行った感じです。諸先輩、OBOG の方々のご協力をお願いします🙇‍♂️

更新遅れのお詫び

こんにちは、千葉大学漕艇部主将の笠原です
まずはこのブログ及びホームページの更新がしばらくされていなかったことを謝罪させていただきます。今後ブログとホームページの予定表に関してはきちんと定期的に更新していきたいと考えております。また、ホームページの内容の更新については今しばらくお待ちください。

現役は春合宿も半ばに差し掛かり、辛いながらもお互い励まし合って乗りきっています。冬トレは長いし寒いしほんとにキツいですね…。後半になるとお花見レガッタや新歓などで忙しくなってくるので、気合い入れ直してがんばっていきまっしょいp(^-^)q

私事ですが、今自分は九州に来ています。美味しいものいっぱいで太ること間違いなし…。帰ってからの練習が怖いなぁ…。ていうか、帰りたくないなぁ…。

さて最後になってしまいましたが、今後とも千葉大学漕艇部をよろしくお願いします❗

秋の締めくくり

こんばんは、主将の笠原です。しばらく更新が滞っていてすみません…。大忙しの秋もあっという間に終わり気づけばすっかり冬服たちの出番です。 半ズボン「くっ、ここまでか…。」 ジーパン「お前はよくやった、交代だ。」

まず最初は大祭の振り返りから。今年のボート部はから揚げを販売しましたが、かなり大変でしたね…。焼きそばに比べて原価が高いので利益の出づらいこと出づらいこと。加えて大祭担当(←主将)の無能・準備不足も重なって大祭前日はに現役達が赤字補てんの追徴を覚悟し始める始末。そして迎えた大祭当日。引退した先輩方の協力とOBの方の大量購入のおかげで何とか赤字は回避できました!本当にありがとうございました!!あと、1年生もお疲れね。来年もやりたい?俺は謹んでご遠慮したいな…。

続いて先日の全日本新人の反省を。結果は報告の通りですが、個人的にも満足からは程遠いものでかなり悔しいものとなりました。相手は自分と同年代でしたが、普段漕ぎ込んでる量の差が見事に出てしまいました…。次シーズンインカレで勝ち上がるためには今回負けた相手に勝てるようにならなければならないことを考えると、今回の大会は技術、体力ともに多くの課題を与えてくれるものとなりました。

さてそんなこんなで気づけばオフシーズン。長くつらい時期を漕手みんなで励ましあって来シーズンに向けて力をつけていきたいと思いますので、皆様のご支援ご協力をぜひお願いします。

それでは今回はこの辺で。

第58回全日本新人選手権大会出漕のお知らせ

こんばんは、千葉大学漕艇部の笠原です。
この度は11月10日~12日に行われる第58回全日本新人選手権大会の出漕のお知らせをさせていただきます。

第58回全日本新人選手権大会1日目 11月10日(金)
M1X
千葉大学(笠原 2年)
No.9 HeatI 9:50発艇 9:00岸蹴り 1→SF
1.笠原幹央 (千葉大学)
2.村田七海(東京外国語大学E)
3.藤原功樹(東京外国語大学D)
4.三輪崇(慶應義塾大学A)
5.野村颯士郎(トヨタ自動車A)

今回は私だけの出漕かつ、平日ということもありますがお時間のある方はぜひ応援よろしくお願いいたします。

さむくなってきたね

どうも、けんいちです。

最近、怒涛の引退ラッシュが断続的に起き、艇庫にいる漕手が少なくなってきました。

寂しいばかりですが、みんなで冬を乗り越えていくしかない!

今がどん底(人数的に)であるということは、
これから我がボート部の規模拡大、繁栄が約束されている、ということを意味しています!

クッッッッソ楽しみやん。( ◠‿◠ )


今日は、いつも僕が何を念頭に置いて、艇庫で部活動しているのか、についてチョットだけ述べさせてもらいます。


負い目のなさ→艇庫内の良い雰囲気→質の高い、効率的な練習→大会での実績


といった、上記の好循環のサイクルは必ず存在していると信じています。

負い目が発生する状況とは、どのような状況かと具体的にいいますと、
練習への遅刻
食器洗い・洗濯の役割の放棄
部費の滞納
などです。

これらは、ボートの技術、各々の体力には全く関係ありませんが、
部員それぞれのお互いの印象を、高確率で悪くさせるでしょう。


逆に、上に挙げたような、日常生活のことを、各々が自分主体のことであると自覚し、責任感を持ってこなせば、部員各々への負い目は消滅し、
休憩時間はトコトン休憩し、練習時間にはシッカリ鍛錬する、といったメリハリの効いた艇庫生活が繰り広げられでしょう。

僕は、ボート競技だけでなく、共同生活で欠かせない家事をキチンと遂行し、
この「負い目」を撲滅していくことを習慣としていきたいとかんがえています。

ここで偉そうなことを言ったからにはキッチリやります^_^



今週末には新藤杯(雨の予報なので、延期となるかもしれませんが)があります!
OB.OGのみなさま、ぜひ江戸川艇庫に遊びにきてください!!

また、11月2〜5日は大学祭があり、我が漕艇部は、から揚げ屋さんをやります。
いままで食べたことないくらいおいしいヤツ、作りますので、
ゼヒ!!!

以上、一年さとうけんいちでした。バイバイ!

インカレも終わり…

こんにちは、千葉大学漕艇部2年の笠原です。報告が遅れましたが、先日のインカレで俊さんこと長澤先輩が引退(仮)を宣言し、次期主将を仰せつかりました。こらから精一杯部を支えていきたいと思いますので、みなさま応援よろしくお願いします。とはいえ正直実力も業務もまだまだ半人前ですので、これからてんてこ舞いになりそうな予感がしますね…。助けて、俊さん…。
まずはインカレの振り返りから。結果はブログでも報告した通りですが、強かった去年一昨年と比べ随分と悔しい結果に終わりました。その悔しさは何よりクルー自身が誰よりもよく分かってるはずです。今の自分達に足りないものはそれこそ山のようにありますが、一つ一つこなしていって来年必ずリベンジします‼
慰労会の場では先述の通り、主将の長澤先輩が引退を宣言しサポーターへとまわることとなりました。お世話になった俊さんの引退ということで泣くぞ泣くぞとあらかじめ宣告していたわたくし笠原ですが、想像の3倍は泣いちゃいました…。やっぱ色々思うところありましたね。冬トレとか一緒に乗ったダブルとか個人的な旅行とか。俊さん、長い間お疲れさまでした。まだまだサポーターとしては仕事してもらいますけどね🎵

最後に、明日からついに新体制の漕艇部が始まります‼どんな部活になっていくかは今後の大会の結果が物語ってくれる…はず。目標は来年のインカレでのリベンジ。コツコツ積み上げていきます‼

第44回全日本大学選手権大会2日目の結果

昨日9月1日の大会結果を報告させていただきます。

女子シングルスカル
順位
1 四方 美咲(鹿屋体育大学)   08:34.80 3レーン →Semi-Final
2 北村 彩美(一橋大学)     08:49.31 2レーン →Semi-Final
3 田中 香 (九州大学)     08:54.32 5レーン
4 杠 咲良 (東北大学)     09:08.16 4レーン
5 花田 沙緒里(千葉大学)    09:27.54 6レーン
6 藤巻 奈美(日本女子体育大学) 09:33.04 1レーン

男子シングルスカル
順位
1 永田 大智(慶應義塾大学)   07:56.26 3レーン →Semi-Final
2 城臺 将(富山国際大学)    07:58.08 2レーン
3 山崎 颯太(東京農業大学網走) 08:15.56 4レーン
4 安藤 陽平(千葉大学)     08:53.12 5レーン

男子舵手なしクォドルプル
順位
1 東京外国語大学       06:52.28 3レーン →Semi-Final
2 大阪大学          06:55.34 2レーン →Semi-Final
3 東京大学          06:58.41 4レーン
4 北海道大学         07:18.64 1レーン
5 京都大学          07:23.04 5レーン
6 千葉大学          08:23.39 6レーン


二日間応援ありがとうございました。
1,2年生は次の東日本新人、安藤先輩はスカル選手権に向けて早くも心を切り替えて目標を決めております。
レースは終了しましたが、最終日の慰労会までよろしくお願いいたします。

第44回全日本大学選手権大会1日目の結果と2日目の組み合わせ

本日8月31日に行われました第44回全日本大学選手権大会1日目の結果と、明日9月1日の組み合わせをお知らせいたします。

まず、本日の結果は以下となります。

女子シングルスカル
順位
1 松井 満妃鴻(仙台大学) 09:12.40 1レーン →Semi-Final
2 北村 彩美(一橋大学)  09:31.61 3レーン
3 田中 香(九州大学)   09:31.70 4レーン
4 木田 奈々美(山口大学) 10:01.54 2レーン
5 花田 沙緒里(千葉大学) 10:12.17 5レーン

男子シングルスカル
順位
1 前田直樹(名古屋大学)   08:13.18 3レーン →Semi-Final
2 新田涼介(東京大学)    08:18.01 5レーン
3 寺井 陸(法政大学)    08:22.32 1レーン
4 喜寅 麿紳(大阪市立大学) 08:32.26 2レーン
5 安藤 陽平(千葉大学) 09:22.48 4レーン

男子クォドルプル
順位
1  富山国際大学 06:46.12 4レーン →Semi-Final
2  法政大学   07:01.95 6 レーン
3  一橋大学   07:11.04 2 レーン
4  北海道大学  07:27.12 5 レーン
5  岐阜大学   07:32.69 3 レーン
6  千葉大学   08:29.28 1レーン

この結果、全クルーが明日の敗復に回ることとなりました。
明日の組み合わせが以下となります。

女子シングルスカル
花田沙緒里(2年)
No.72 8:40 W1X 敗復A 岸蹴り 7:40
1 藤巻奈美 (日本女子体育大学)
2 北村彩美 (一橋大学)
3 四方美咲 (鹿屋体育大学)
4 杠 咲良 (東北大学)
5 田中 香 (九州大学)
6 花田沙緒里(千葉大学)

男子シングルスカル
安藤陽平(4年)
No.82 10:20 M1X 敗復F 岸蹴り 9:40
2 城臺 将(富山国際大学)
3 永田大智(慶応義塾大学)
4 山崎颯太(東京農業大学網走)
5 安藤陽平(千葉大学)

男子舵手なしクォドルプル
S笠原(2年)、3李(1年)、2栢口(1年)、B長澤(3年)
No.103 13:18 M4X 敗復C 岸蹴り 12:15
1 北海道大学
2 大阪大学
3 東京外国語大学
4 東京大学
5 京都大学
6 千葉大学

悪天候ということもあり漕手たちも納得のいく漕ぎができなかったため、明日は納得のいく漕ぎのできるよう頑張るそうです。
漕手、マネージャー共々、明日も全力を尽くしますので、平日ということもあり厳しいとは思われますが、よろしければ応援にお越しください。
よろしくお願いいたします。

+2years

ご無沙汰しております。4年の木村です。

最近は部活にも顔を出さず、何をしていたかと言いますと、大学院の入学試験の勉強をしていました。後輩たちには「忙しいとか言ってるけど絶対暇だ」、「どうせ遊んでいるだけだ」、「勉強なんかいいから松戸に来い」と罵られながらも、合格のために日々精進してまいりました。
先日その試験が終わり、なんとか筆記試験に合格したので、我が学生生活は二年間の延長です。半年後には社会人となっているであろう同期に初給料でご飯を奢ってもらうのがとても楽しみです。学生という身分をこれからもフルに活用していきたいと思います。

さて、僕が勉強に明け暮れている間に時は移ろい、いつの間にか8月も終盤となっていました。気づけば、インカレまで残すところあと9日です。漕手を引退してからもう1年が経つのかと思うと、過ぎ去る時の速さに驚かされるばかりです。今年は新しく入った1年生もインカレに出場し、学部5年生の安藤先輩はなんと4度目のインカレ出場となります。かなり見どころ満載のインカレになること間違いなしですね。千葉大学ボート部の黎明期と言われる今、さらなる飛躍を期待させる最高のパフォーマンスを見せてくれることでしょう。OB・OGの方々も是非、かつて切磋琢磨しあった仲間を誘って観戦しにいらしてください。みなさんの応援が僕たちの力になります。

それではまた、戸田公園でお会いしましょう。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE