プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

秋の締めくくり

こんばんは、主将の笠原です。しばらく更新が滞っていてすみません…。大忙しの秋もあっという間に終わり気づけばすっかり冬服たちの出番です。 半ズボン「くっ、ここまでか…。」 ジーパン「お前はよくやった、交代だ。」

まず最初は大祭の振り返りから。今年のボート部はから揚げを販売しましたが、かなり大変でしたね…。焼きそばに比べて原価が高いので利益の出づらいこと出づらいこと。加えて大祭担当(←主将)の無能・準備不足も重なって大祭前日はに現役達が赤字補てんの追徴を覚悟し始める始末。そして迎えた大祭当日。引退した先輩方の協力とOBの方の大量購入のおかげで何とか赤字は回避できました!本当にありがとうございました!!あと、1年生もお疲れね。来年もやりたい?俺は謹んでご遠慮したいな…。

続いて先日の全日本新人の反省を。結果は報告の通りですが、個人的にも満足からは程遠いものでかなり悔しいものとなりました。相手は自分と同年代でしたが、普段漕ぎ込んでる量の差が見事に出てしまいました…。次シーズンインカレで勝ち上がるためには今回負けた相手に勝てるようにならなければならないことを考えると、今回の大会は技術、体力ともに多くの課題を与えてくれるものとなりました。

さてそんなこんなで気づけばオフシーズン。長くつらい時期を漕手みんなで励ましあって来シーズンに向けて力をつけていきたいと思いますので、皆様のご支援ご協力をぜひお願いします。

それでは今回はこの辺で。

スポンサーサイト

<< 第30回全国マシンローイング大会出漕のお知らせ | ホーム | 第58回全日本新人選手権2日目結果 >>


コメント

昔話

昔、昔。「週刊新潮」という雑誌がボートを取り上げました。
その中に、レース記録について、水トレで30秒縮めるのは大変だが、陸トレで縮めるのは容易と記してありました。冬の陸トレに力を入れればタイム短縮は容易、実践して実感したことを体が思い出しました。この冬、頑張れ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP