プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

走れ!ウマダウマジロウ

3年金子です。
いろんなことを書こうと3週間くらい前からネタをためておいたのですが、すべて忘れたので簡単に済まそうと思います。
やっぱりメモは残しておかないといけませんね。バックアップの重要性はここ最近いやというほど実感しております。

年の瀬となりました。年齢を重ねるにつれて1年が早く感じるといいますが、今年90歳を迎えた千葉大学漕艇部にとって2014年は様々な出来事のある年だったと思います。
 まずはお台場レガッタにエイトで出場したこと!OBの助けを借りながらでしたが、一時は漕手が2人ほどであったという状況から抜け出し、部員の増加に伴い、部が再び盛り上がってきていることの象徴だと思います。
 それから90周年を迎えたこと。冒頭でも書いたように、千葉大学漕艇部は今年で90歳を迎えました。記念艇である「黎明」を新たな仲間として松戸艇庫に向かえ、現役部員はさらなる成長の準備に入っています。
 そしてさらに新監督の誕生。林さんから武田さんへ監督が変更しました。またコーチの体制も見直され、練習の環境がすこしづつ変わってきていると思います。
 新艇、新監督、新体制を迎え、来年度は部が大きく躍進する年になるでしょう。

首都大学の3年生と千葉大の3年生とで飲みにいったことや、1か月で2か月間サボっていた体組成が現役時代と同じくらいまで復活したこと、艇庫の大掃除、学生支援科との戦い、安藤の暗躍、磯上の嘘神、感情を取り戻した松永などなど、ここ最近で起きたことは山ほどあるのですが、詳細を忘れたので割愛させていただきます。

それではみなさん、最後はこの歌とともに、一気に駆け抜けたこの年を思い出しましょう。
パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ ウマくるぞ

パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ ウマいくぞ

パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ がんばるぞー

はしれ ウマダ ウマジロウ\ヘイ!/


パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ 朝くるぞ

パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ 昼くるぞ

パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ がんばるぞー

はやい ウマダ ウマジロウ\ヘイ!/


パカラッ パカラッ ちなみに 馬という字は

パカラッ パカラッ ごぞんじの 象形文字

ここの3本の線は たてがみで

点々は脚で ここしっぽ\ヘイ ヘイ ヘイ/


がーんばれ ウーマダ ウマジロウ

つーかーれたら 角砂糖なめる(ウマー)

走れよ ウーマダ ウマジロウ

心意気 1,000,000馬力(hp=horse power)


パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ ウマが行く

パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ うま9いく

パカラッ パカラッ パカラッ パカラッパ がんばれよー

はしれ ウマダ ウマジロウ


はしれ ウマダ ウマジロウ\ヘイ!/
(作詞・作曲:堀江由朗・うちのますみ・佐藤雅彦、歌:100万馬力合唱団2014).
https://www.youtube.com/watch?v=yNGBBqZQeJc ←動画はこちら

それではみなさん!よいお年を!
スポンサーサイト

<< 今年も一年ありがとうございました! | ホーム | 修羅のクリスマス >>


コメント

感情を取り戻した松永w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP