プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

はくまいうまい。

こんにちは。
気付けばもう10月ですか。
千葉に来て初めての秋、はっきり言いましょう…

長袖がほとんどありません。

部屋を見渡して上着になりそうなものといえば…

ロージャケ。

うん、これだ。
部活以外の時間も着ることにしよう。

ロージャケめちゃ好きやし。



さて、岩崎さんの書きこみにもありましたが、東日本新人が終わりました。

今日は僕なりにクルーが決まってからレースまでの約一カ月を総括してみようと思います。

僕の仕事はM4+のCOXでした。舵を切りながら、漕手を鼓舞したり漕手に意見をしたりし、クルーをまとめ上げる。こうやって書いていると簡単ですが、道のりは険しかったです。

一番悩んだのは、クルーとのコミュニケーションでした。

自分自身、人にガツガツ聞いたり言ったりできるタイプじゃないですし、漕手もどちらかというとあまり発言をするタイプではありませんでした。

でもそんなのを言い訳にしちゃいけないのは明白であって、コミュニケーション下手な自分を鞭打ち色々やってみました。

気付いたことも沢山あって。
例えば、聞き方ひとつ、言い方ひとつでレスポンスの内容は全く変わるんだなぁという事。 最後までどうすれば艇が良く進むのかを考えましたが、レース内容にも現れたとおり、上手くやれたと自信を持てるものとは程遠かったように思います。

…なんかとっ散らかって何が言いたいのか分からなくなってきましたが(苦笑)、とにかくいろいろ考えさせられる毎日でした。

負けて悔しいと落ち込んでいると、ある先輩に「落ち込んでないで、次、頑張りなさい」と言ってもらえたので、反省すべきは反省し、また前を向こうと思います。

動いていなかった僕にオフなんぞありません。今からエルゴ引いてきます。

それでは。

1年漕手になりたい
山本
スポンサーサイト

<< 2009シーズン終了 | ホーム | 東日本新人――結果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP