プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

千葉大学ボート部ファイト!

すみません、本文忘れてました…。
組織として目標・団結・雰囲気づくりは一人だけではできないし、一人ひとりの意識が重要ですね。当たり前の話ですが、欠けていた部分です。チャレンジ精神だとか根性だとか人として成長するのは時間がかかり大変なことですが、それらの原動力となる勇気を持つことは今すぐにでもできることなのではないでしょうか?今までの慣れた環境から脱することには大変勇気が必要です。たとえ心の中で思ったり、言葉に発したりしても、実際の行動に移すにもまた勇気と努力が必要です。しかしそれらを乗り越えた先に本当の喜びがあるのでしょうか?それは決して一人でできるものではないし、まして組織にいるのにひとりだけですべきことではないと思います。人の決心というものは、よほどの覚悟や人間性がなければ脆く崩れ去ります。それを踏み留める要因となるものはやはり他者の存在・環境・事実であるのではないでしょうか?休憩もふくめて走り続けることが大切です。
訳わかめな自己満ブログでしたがお許しください。

BUMP OF CHIKEN 「バトルクライ」
自分にひとつウソをついた 「まだ頑張れる」ってウソをついた
ところがウソは本当になった 「まだ頑張れる」って唄ってた

ずっとそうやって ここまで来た

憧れていたプリマドンナ 眠りの中限定パイロット
自分が主役の夢を見て 笑われないうちに忘れるんだ

本当に忘れたの? そりゃむりだよね そりゃそうさ

それがまさに生きていく理由 何かを賭して手にするもの
傷つきながらしがみついて離せない それだけのもの
ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
ひとつのウソにさえ すがる僕に捧げよう
誓いの歌 SHOUT a BATTLECRY

日毎生意気になってやろう 大言壮語も吐いてやろう
最後に見事笑ってみせよう 主役を思い知らせてやろう

本当強がってんだ 強がってまたウソついて

それが僕のわずかな力 ただの強がりもウソさえも
願いを込めれば誇れるだろう 望めば勇気にもなるだろう
ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
ひとつのウソにさえすがる僕の そのウソが誓いに変わる

戦場に赴く戦士に誓いの歌を
優しさでもいたわりでもない 戦い抜く勇気を

ずっと強がってんだ 強がってまたウソついて

それが僕の生きていく理由 何かを賭して手にするもの
傷つきながらしがみついて 離せないそれだけのもの
ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
ひとつのウソにさえ すがる僕に捧げよう
誓いの歌 SHOUT a BATTLECRY

「メーデー」
君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた
君の目の前に居るのに 遠くから聴こえた

発信源を探したら 辿り着いた水溜まり
これが人の心なら 深さなど解らない

呼ばれたのが 僕でも僕じゃないとしても
どうでもいい事だろう 問題は別にあるんだ

息は持つだろうか 深い心の底まで
君が沈めた君を 見つけるまで潜るつもりさ
苦しさと比例して 僕らは近付ける
再び呼吸をする時は 君と一緒に

僕もまた同じ様に 沈黙を聴かれた
君もまた同じ様に 飛び込んでくれるなら

口付けを預け合おう 無くさずに持っていこう
君に嫌われた君へ 代わりに届けるよ

誰もが違う生き物 他人同士だから
寂しさを知った時は 温もりに気付けるんだ

勇気はあるだろうか 一度心覗いたら
君が隠した痛み ひとつ残らず知ってしまうよ
傷付ける代わりに 同じだけ傷付こう
分かち合えるもんじゃないのなら 二倍あればいい

怖いのさ 僕も君も
自分を見るのも見せるのも 或いは誰かを覗くのも
でも 精一杯送っていた 沈めた自分から
祈る様なメーデー

響く救難信号 深い心の片隅
こんなところにいたの 側においで 逃げなくていいよ
触れた発信源に 届けるよ 口付け
君から預かってきたんだよ

勇気はあるだろうか 一度手を繋いだら
離さないまま外まで 連れていくよ 信じていいよ
息は持つだろうか 眩しい心の外まで
再び呼吸をする時は 君と一緒に
スポンサーサイト

<< オニは外!新入生は内!!! | ホーム | 写真がでかくなりすぎて(*_*; >>


コメント

歌詞もいいケド…
本文は?

失礼しました。頭の中が整理されているわけではないですが、少しまとまったことを書きました。
コメントありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP