プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

そろそろ鉢上げをするつもりです。

前回のブログで拍手を六つもいただきました。拍手していただいた方々ありがとうございました。やはり私は稀代の文豪であることに間違いはないようです。鬼才斎藤のブログをお送りいたします。

吾輩は人である。友達はまだない。
哀愁が漂っています。我が須d先輩の朝食の光景です。なぜ救命具を外さないのか。その答えは、彼がこの瞬間も江戸川にいるからであります。決して漕ぐ事を止めない戦士の姿がここにあるのでございます。これを俗に言う「ぼっち飯」と呼ぶのですが、(ちなみに須d先輩は友達が多すぎて困っているのです。)私は常に学食ではこの状態です。いえいえ、友達がいないわけではありませんよ?一年生の時友達百人作りましたから。


DSCN2661_convert_20101025164215.jpg
全日本後の打ち上げです。お好み焼きを食べたのであります。こんなに真ん中によらなくてもよかったですね。安d先輩は風邪で欠席でした。しかし秋tさんが隠れてしまっていますねえ。もったいないですねえ。しかしひとり足りませんねえ。足りないのは村mさんだと思われます。困りましたねえ。みなさんが揃うのはなかなかありませんから、とても喜ばしいことでした。ちなみに撮影者は村mさんでした。


相模湖レガッタが迫りました。即席ダブルがどこまで通用するのか見ものです。

水城奈々「Mr.Bunny!」
so everydays everylife
君を想う これからもずっとね
どんな時だって
君がくれた笑顏は色褪せず輝いて
僕の胸に そう 變わらないままで

スクランブルの交差點
向こうから見送る君の手に目を反らして
素っ氣ないふりをしたね
華やぐ街のショ一ウィンド一
照れながら後ろを步いてた君の面影
消えないまま

あの頃とは違った景色でも
ほら 上手に笑って青い空見上げ
なんとか踏み出してみるよ

so everydays everysmile
君が僕に教えてくれたこと
失くした時に

はじめて大切さが解るって本當だね
僕一人で 上手く笑えるのかな

二人だけの記念日には
嬉しそうにはしゃいだ君のその姿が
可愛いと言い出せずに

今ならわかる 怒った時見せる
強がり言う癖 わがままな態度
全て愛しいと思うのに

so manythings manytime
「君以上に分かち合える誰かを見つけてやるさ」
なんて強がって言ってみたけれどね
そうじゃない 君以上の誰かなんていないさ

so everydays everylife
君を想う これからもずっとね
どんな時だって
君がくれた笑顏は色褪せず輝いて
僕の胸に そう 變わらないままで
スポンサーサイト

<< 相模湖1 | ホーム | メールで投稿 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP