プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

初体験

お疲れ様です。
今回のブログは主務がお送りします。そういえば、僕がブログを書くのは初めてですね。


さて、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、10/14から新人戦が開催されます。
出場するのは、我が千葉大学ボート部2年生のエース、斎藤宏二郎(以下、STK)君。今まで松戸で練習していましたが、10/8からは戸田での調整にはいりました。練習のパートナーとして、千葉大学ボート部が誇るモテ男、須藤隆(以下、SDT)君も一緒に宿泊です。

正直な話、STK君は大会間近ということで、おしゃべりな性格から一転、緊張のあまり情緒不安定になってしまうのではないかと予想していました。
しかし実際はそんなこともなく、部屋では下ネタを連発し、就寝前になってもとなりの部屋に聞こえるのではないかというくらいの声の大きさで下ネタを話す、いつものSTK君でした。その傍らでは、自称モテ男SDT君が女子に告白できなかったと延々独り言をつぶやいています。そんな2人の言葉のキャッチボールはそれはそれはすさまじかったです。SDT君の薄い恋愛話に対して、STK君が下ネタで返す、傍から聞いているとおもしろいを通り越して、あきれるようなトークでした。
ただ、今考えてみると、大会前の重圧で下手に固くなるよりは良いのかな、と勝手に思っています。






大会まで1週間を切りました。STK君はいくつもの苦難を乗り越えて、この大会に臨みます。
彼にとっての同級生が一人になろうとも、それにめげず、ボートに対して真摯に取り組んできた姿は称賛に値すると思います。
どうか、そんな彼に新人戦では熱い声援を送ってください。

ぜひとも、よろしくお願いします。



スポンサーサイト

<< 全日本新人 | ホーム | エルゴスペース >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP