プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

クリスマス会の舞台裏

前日艇庫に泊まったはじめちゃんは7時58分に目を覚ました。8時集合なのでもうみんな集合している。

安藤先輩はいつもみたいにPSPをやっている。


はじめちゃん「あぶなかったー!もう始まりますよね?」
安藤「ん。」


せ、先輩の目、養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。冷徹な目だ。かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なんだな、って感じの。

はじめちゃん「そういえばクリスマス会の料理作るのって僕が指名するんですか?」
安藤「お前が作れ。」

はじめちゃん「何言ってるんですか!?ちょっと須藤先輩。ん?あれ?須藤先輩、先輩!」
安藤「斎藤、須藤を探すことは許さん。」
はじめちゃん「なにぃ!?」
安藤「斎藤、これで1年は3人、俺たちも3人。3対3。すでに艇庫に来たからにはこのまま遠漕に挑むまで!」


はじめちゃん「こ、この男、須藤先輩のために涙一つ流さねぇのか?!」
と怒って以前のはじめちゃんなら先輩だろうが容赦なく襲いかかっただろうが・・・



はじめちゃん「安藤先輩、練習着後ろ前だぜ。」
安藤「あ!」
今は気丈にふるまわなければというわけか、わざと冷酷さを装っている、今一番に泣き叫びたいのははじめちゃんではなくて安藤先輩の方だ。

松戸での個人練習の時も悪魔のようにこき使っていたし、ここは艇庫、抑えるとも。


須藤先輩、あなたが評する、自分勝手なはじめちゃんが今、相手の気持ちを読んで、こともあろうか思いやりました。
少しは成長したかな。



ここ艇庫、すでにほかのみんなが練習開始を待っている。
しかし二人は感情を抑えきれなかった。


はじめちゃんは叫んだ須藤先輩の名を。
安藤は流した悲しみの涙を。

けれども、須藤先輩の名を叫んでも帰ってくるのは残酷な静寂だけ。

須藤先輩は今回お休みなのだ。

はじめちゃんと安藤は静寂によって、この事実を実感した。

はじめちゃん「あーーーーー!スドーーーーーーーーーー!」



ということで今回は須藤がノロウィルスお休みです。


ばたんきゅ~
(:D)┼─┤ 




二年 安藤
スポンサーサイト

<< 明日は合宿 | ホーム | 今日は何の日♪ >>


コメント

布団の中で吹きました笑
皆様本当に今回は申し訳ありません!!(>人<)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP