プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

千葉大ボート部 主務の日常 ~一日目~

お久しぶりです、三年斎藤です。
先日、漕手を引退し、現在千葉大ボート部の主務として活動しております。
今までは漕手としてブログに日常を綴っていましたが、今日からは主務として部の運営や漕手の様子などを綴っていこうと思います。漕手以外は興味ない!とおっしゃらずにぜひ読んでいただけたらと思います。


 漕手を引退して早一か月が経ちました。インカレが遠い昔です。あのインカレで燃え尽きた?ような、いやまだ足りない?ような。三年での引退というのは早すぎるとういう御意見もたくさんいただきましたが、自分の将来に関して・卒業研究に関して思うところがあり、ひとまずは降りることとしました。つまりまだ完全に引退したつもりではありません。筋トレはなまらないよう少々やっております。が、もう小さかったからだがさらに小さくなった感じがします…。
はあ。(復帰する場合は現漕手の迷惑にならないようにするつもりです)

 
 現在ボート部は一年6人、とんで三年一人、そして四年が6人。はっきりいってやばいです。上を狙える組織ではないのは確かです。しかし卒業生の先輩方に負担は懸けたくありません。かといって、一年生にはまずボート部の楽しさだけを感じてほしい(練習はつらいものですが…)。つまり、出来る限りの雑務はすべて自分がやるべきです(コーチは須藤先輩にやってもらっていますが)。しかし主将や新歓や追いコンや…一年生にも責任を担ってもらうことになりましたが、本人たちが最高のパフォーマンスができるように、次のステップへと昇華できるようにサポートサポートサポート。光は当たらない活動?ではありますが、非常にやりがいを感じます。そして必ずや来年また新人をたくさん入れ、千葉大ボート部が今の一年生たちを中心に大きく前進してくれることを考え非常に楽しみです。
自分が5年後10年後、艇庫を訪れた際、大勢の部員が切磋琢磨し合い笑顔の溢れている組織であることを願います。


 今、何をやっているの?と言われましたら、僕は今主務会計の仕事(一つずつ作業をこなしています)と就活の為の情報集め、卒業研究のネタ探しです。先々週は造園会社に一週間インターンシップに行ってまいりました。そして先週は都市緑化フェア(30日間にわたり開催する花と緑の博覧会)に参加してきました。そうです、僕は造園業界に将来進もうと考えています。職業体験や緑化フェアでの造園の専門職や教授達の話などを通して、造園業界に関して少しは知ったと思います。あまり市場の大きくない造園業。しかし、あの庭園や公園をつくる技術やみどりを扱う仕事に非常に惹かれました。ボート部で夢の追いかけ方を学びましたが、ここでなにか誇れるものを創ることができたらなあと思います。社会人になっても追いかけるものができることを望みます。


昨日今日とOFFを満喫しすぎました…。もっと時間を大切に使わなくては。
東京の森林公園も捨てたものではありませんね。


OB・OGのみなさん、
今後とも千葉大学漕艇部をよろしくお願い申し上げます!!
今後の現役の活躍に御期待下さい!!

Mr.Children 「es」~Theme of es~
Ah 長いレールの上を 歩む旅路だ
風に吹かれ バランスとりながら
Ah “答え”なんて どこにも見当たらないけど
それでいいさ 流れるまま進もう

手にしたものを失う怖さに
縛られるぐらいなら
勲章などいらない

何が起こっても変じゃない
そんな時代さ覚悟はできてる
よろこびに触れたくて明日へ
僕を走らせる 「es」

Ah 自分の弱さを まだ認められずに
恋にすがり 傷つけるたび思う

「愛とはつまり幻想なんだよ」と

言い切っちまった方が
ラクになれるかもなんてね

甘えや嫉妬やズルさを
抱えながら誰もが生きてる
それでも人が好きだよ
そして あなたを愛してる

Oh なんてヒューマン 裸になってさ
君と向き合ってたい Uh
栄冠も 成功も 地位も 名誉も
たいしてさ 意味ないじゃん

今ここにいる自分を
きっと誰もが信じてたいのさ
過ぎた日々に別れ告げて
君は歩き出す

何が起きても変じゃない
そんな時代さ覚悟はできてる
よろこびに触れたくて明日へ
僕を走らせてくれ

僕の中にある 「es」
スポンサーサイト

金子の奇妙な独り言

どうもこんにちは
1年金子です。
合宿も終盤となり、練習がどんどんきつくなってきました。
高校の時の気分で動いていると節々が痛み、18歳にして衰えを感じます。
昨日は1000メートルTTを行いました。
3分19秒というタイムで、1年の中では1番良かったのですが、漕ぎ終わった後に足がつりました。
18歳にして衰えを感じます。

新入生勧誘担当の仕事も本格的に動き始めました。
今月は高校生用に配るビラを作りました。
迎える側の立場というのがいかに難しいかということを痛感します。
来年の4月の新勧もうまくいくように頑張りたいです。
しかし、アイディアが昔のようにポンポンと出できません。18歳にして衰えを感じます。

なぜこんなに衰えを感じるのだろうか・・・?
まさかこれはスタンド攻撃!? グレイトフルデッド!?
いますぐ氷で冷やさなくては!
「新歓は成功させる」「漕手としても頑張る」
両方やらなきゃいけないところが「1年」のつらいところだな。
覚悟はいいか?俺はできてる。

代打

え?ブカレスト?
あ、ルーマニアね。なーる。
あれtwitterね。

樋口ですよ。
今日は午前は漕いだが、股関節の腱の痛みで午後はお休み、もといお料理。
このシチューを作ったのは誰だぁ!とならないように、頑張ってカレーを作りましたとさ。
料理を作る時はね、誰にも邪魔されず、自由で、なんというか、救われてなきゃあダメなんだ・・・。
・・・ハヤシライスがよかった・・・。

なにはともあれですね、明日からオフですよ。勝ったッ!第3部完!
ええ、もうそんな気分です。

一年生は早壊滅状態へ。
田中は小笠原へ滑走路を敷きに、
高橋は左手に宿る大いなる力を何とかするために山篭りへ、
僕は玉手箱装備でおじいちゃんになりました。
・・・この味は嘘をついている味だぜ。
果たして夏が終わる頃には何人立っていられるか・・・。

食費をなんとか抑えるために、親の実家からお米を送ってもらう算段がつきましたよ。
19日の午前に届くかな?
コシヒカリ10キロ。

あ、僕も金子をマネてひとこと。
『人がいっしょうけんめいついてるうそを、どうしてみんなみやぶるんだ!』
日陰で咲く花もあるというか、まあ、そんなやつです。

では。

ラスト・メンバー

今年度最後に入部した園芸学部緑地環境学科1年の亀井優樹です。皆さんはじめまして。僕も初めて「ブログ」というものに挑戦です。

ただ今艇庫にて合宿中です。今日はボートの練習を始めてから2日目になります。陸に上がってもまだ揺れている感じです。体がいったんもめんで、体力が全然ないので練習はとてもキツイです。さらに、付近に潜んでいる吸血鬼に献血の協力をしてしまって、結構参ってしまいました。

江戸川でボートを漕いでいるときは、とても気持ちがいいです。風は涼しく、空が広く感じます。しかし気を抜いたりして…

「それではいざ、ブカレストへーーー!!!」
なんてことにならないように、頑張りたいと思います。(最近のブログのイメージはこれしかありません。インパクト強いですよね。)なんだかよく分からないことを書いているかもしれませんが、それは疲労困憊のせい、ではないかもしれない…。
よろしくお願い致します。

新体制発足!!!

こんばんは、新主務斎藤です。
新しく一年生を中心とした千葉大学漕艇部が発足いたしましたので報告いたします。
詳細人事は以下の通りです。


主将:樋口庸介(一年)
副将:高橋洋介(一年)
主務・会計:斎藤宏二郎(三年)
学生コーチ:須藤隆(四年)…千葉大学大学院生予定
追いコン担当:田中信・亀井優樹(一年)
新歓担当:金子桂太・横澤千佳(一年)…監督として斎藤
大学祭(戸定祭)担当:高橋洋介(一年)
ネット関連:矢野翔平(四年)


新主将樋口からの一言を掲載します!!
「新しく千葉大学ボート部の主将になった樋口です。 今のボート部の状態を理解している方は多いと思いますが、もともとの母数の少なさのためか、活動に参加できる人数が少ないのが問題になっています。そのため、上級生が一年生に指導できる機会が少なく、技術的な習熟には至っていません。これから本格的な活動に入るとしても、恐らく一からのスタートになると思います。けれども、それは多くの問題に取り組めるということです。もっといいボート部にするために積極的な活動ができればと考えています。一年生からの主将ということで、至らないことの方が多いと思いますが、よりよい一漕ぎのためにベストを尽くしていきますので、これからもよろしくお願いします。」

新たな船出でまだまだ不安要素も多くありますが、1年持ち前の明るさと騒がしさと個性と、なによりも団結力!!で新たなボート部を確立していきます!!
ぜひ今後もご支援ご声援よろしくお願いいたします。

まずは東日本新人だああああああああああああああ


勝ーーーーつ!!!



今後は一年生漕手のブログを綴っていきます。
ぜひご覧ください。

| ホーム |


 BLOG TOP