プロフィール

千葉大学ボート部

Author:千葉大学ボート部

千葉大学ボート部のブログです。
部員が部のことを
徒然なるままに書いていきます。

千葉大学漕艇部
ホームページはこちら

・インカレ歴代クルー
Rowing Chiba

バナーを作成



【千葉大学漕艇部】 
〒271-0061 
千葉県松戸市栄町西5‐1310
Tel:047-362-7698 
Mail:chiba-rowing@hotmail.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

追いコン

こんばんわ。ちょっと前まで変な記事がありましたが、すみません。
あれは見なかったことにしてやってください(^_^;)

ご存じの通りおととい25日は総会兼2011年度卒業生の追い出しコンパがありました!
今回はちょっと贅沢に有楽町の la stella での開催でした。

ちょっと手元に画像が無いので今は載せることができないのですが、今回はOB、現役それぞれから写真の上映会がありました。OBの方々は昔の写真を見てを当時を振り返っていらっしゃいました。現役からは現在の艇庫の様子、昨シーズンのレースの映像を紹介しました。現在の艇庫の快適さに驚かれた方も多かったのではないでしょうか。

そして、式の最後には現役からの余興、AKB48「ヘビーローテーション」の披露がありました!
ぶっちゃけ練習は1週間前からの急造でどうなることかとハラハラしていましたがお酒が回っていることもあってか結構好評だったようで、やってよかったです。
卒業生の記憶に残るような、そして遠方からお越しになったOBの方々に喜んでもらえるような式になればうれしいです。

まあ、ただ単に自分ら(やりたがり2名と巻き添え1名)がやりたかっただけですが 笑


卒業生のみなさん卒業おめでとうございます!これからもぜひ艇庫に遊びに来てきださいね!特にT.H.さん!!なんなら車で迎え行きますんで!笑



P.S.ホームページのメンバーページを少し更新しました。これから新歓ページなども作成していきますので乞うご期待を。




須藤隆
スポンサーサイト

キタコレ!

今日の午前は乗艇でした。メニューはUT6周、15on10offx10

お花見レガッタはそれぞれ1xでの出漕予定なので春合宿期間はほとんどがシングルでの練習となります。
今日もシングルでした。
冬はあまり乗艇していないですし、もともとシングルはかなりへたくそなので、ふらふらするしキャッチは止まっているしでかなり基本的なことから改善していかなくてはいけない状況。ですがここ数モーションの間でもかなり良くなってきました。
今日のUTでは、だんだん上半身の使い方がよくなってきたな~、でも、キャッチ前にふらついているからこれを直せばかなり良くなるな~と思って、ギャザーの意識を変えたところ、なんだか散らかってたことが集まってカチッとはまった感じでバランスも進み方も良くなりました。

キタコレ(゚∀゚)!

でもそれもなかなか長く続きませんでした。
あの感覚出せれば結構いいかなと思うので、また出したい。


あと、UTでは斎藤には勝った(今日だけかもしんないけど)のですが、ハイレートだと普通に負けます。
やっぱり自分はハイレートが弱いんだなと実感。理由の一つはハイレート時にやたら逆方向への力が働いてるのかと。
エルゴもハイレートになるとエルゴがガンガン前行きます(^_^;)病気かってくらい。このへんも直していかないとですかね。



明日はスポーツセンターで体力測定してきます。伸びてろ俺!!



須藤

時間がほしいです…。

こんばんは、二年斎藤です。
今日は時間がないので近況報告で済ませたいと思いますがよろしいでしょうか?
よろしくないですか。よろしいですね。

テストを木曜日に終え、レポートをすべてこなし無事二学年が終わります。手ごたえ的には今期が一番成績が良いと思われます。過度な期待は禁物ですが…。

土曜日から春合宿に突入しました!今回の合宿は今までの合宿形態とは異なり、二人の都合に合った練習となります。詳細は次にでも…。

今週はテスト休みのツケが週三でバイトとなり、卒論発表会や企業合同説明会、園芸関係の短期バイトなど予定を詰め過ぎたおかげで時間がいっぱいいっぱいです。さらに新歓の仕事も滞るわけにはいかないので頭がフル回転です…。

まあ授業がない分気楽ですが!

僕の行きたい研究室の教授はやはり厳しそうです…。



BUMPのライブ行きてえええええええええええええええええええええええええええ

Bカップありました。(パンプアップ時)

今日レポートを出しきり、ついに3年後期が終わりました\(^o^)/
ちなみに僕は進学させていただきますので就職活動はしません。春休みは平日に研究です。大腸菌君とシロイヌナズナちゃんを愛でてます。

とにもかくにもやっと授業から解放されやした。ここ何日かは睡眠も不十分でしたが明日から春合宿。練習時間外の生活をしっかり回復に充てる。寝る。寝る。食う。食う。


話は変わりますが桑野造船のツイッターからこんな記事に飛びました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20120206/226887/?mlp&ST=pc

これはかなり激しい例ですが、やっぱり新人は数が大事ってことですね。

たくさん新人入れたいです。そのために自分磨きも。とりあえず腹筋割っときます←え



須藤隆


ハッピーバレンタイン!!!!!

というわけにはいかないのが現実です…。



こんにちは、二年斎藤です。
今朝のエルゴはケガから復帰して久しぶりのものとなりました。汗ぱねえっす。思ったほどタイムが落ちてなくて安心しました!これからATトレーニングが増えてくるので覚悟して迎えます!


気付いたら二学年もあと数日です。ふぇぇぇっぇぇぇ…。
いやあこの後期はほんとにあっという間でした!毎日何かに追われてた気がします。大変で沈んだこともありましたが、なんだかんだ充実してましたよ。こうやって自分の能力がいかに低いか知らされましたよ。しかしですね。
無知の知
って言葉はもちろんご存知ですよね。
つまり僕は賢いということですね。
ごめんなさい調子に乗りました…。使い方間違っててても突っ込まないでください


今までは、とくにこの後期はボート部の活動中心に思考を巡らしてきました。しかし、さまざまな人の言葉や出来事を通して、もっと僕は他のことにも目を向けなければならないと思いさせられました。
自分だけでなくもっと他人に気を配れる人間に成長するには、もっとたくさんの人間と交流することが大事だと思います。
ボート部としてさらなる向上を果たしつつ、自分磨きというものを考えます。
手始めとして、この春!!練習の合間を無駄にしない!!息抜きもするがいろいろなことにチャレンジしてみる!!
まあ機械の一部となるようなバイトを変えて、緑化団体をのぞいてみたり、ボランティアもしてみたり、トイック目指したり。
就活も少しづつはじめます。

また花を植えるつもりです。


という理想を妄想してないで最後に残ったテストの勉強をしなければなりません…。
ふぇぇぇぇえぇぇえっぇ


牧野由依「もどかしい世界の上で」
もしも明日 この世界が終わるとしても 君のことだから
「それならそれでもいいか」 素っ気ない態度とるのかな?

無理することはないけど たまにでもいいから顔を上げて
こっちを見てよ

私を見て

ちっぽけな世界なのに 何故だろう この両手には大きすぎる
果てしない世界なのに 何故だろう この両手には小さすぎる
ねぇ もどかしい朝の光の中で 君と笑いたい

いつからだろう 自分に噓ついても自信が持てなくて
逃げ道をつくってたはずなのに 気づいたら迷路を作ってた

君の嘆く姿は 笑顔へ続いてゆくんだよね? 信じてみたい

私を見て
ちっぽけな世界なのに どうして 期待に胸が膨らむの?
果てしない世界なのに どうして 何にも期待が持てないの?
ねぇ もどかしい月の光の下で 君と笑いたい

戸惑いの季節が巡る

何故だろう
ちっぽけな世界なのに
ちっぽけな世界なのに

それなのに
ちっぽけな世界なのに 何故だろう この両手には大きすぎる
果てしない世界なのに 何故だろう この両手には小さすぎる

ちっぽけな世界なのに どうして 期待に胸が膨らむの?
ちっぽけな世界だから もう少し 先まで歩いてみようか
もどかしい世界の上で 君と笑っていたいよ

あとテスト1コとレポート10枚ちょい!


で3年後期が終わります!
そして今回で落としていなければついに授業から解放されるのです!!

これで部活と研究室に専念できるようになるのです!!!

もうひと踏ん張り!!!



ところで、冬トレもあと1週間ですがついにUTUTUTUTの日々が終わり少し高強度の練習の割合が増えてきました。ここからは冬場に作った土台をさらに強化しながらにいろいろ付け加えていく時期に入っていきます。

今年の冬は今までよりこの土台がしっかり作れました。
春はなんだかんだで苦しいことが多いですが、支え合ってトレーニングを積んでいきます!


須藤隆


オニは外!新入生は内!!!

昨日は豆まきをしました。



艇庫にもオニがいたのでみんなで豆投げて退治しときました!(これを見てピンと来ない方はぜひ刃牙を読んでください!)

ということで、ボート部にも福が来ることを願います!というか、呼び込むくらいでいきませう!!


追記

夜には矢野と斎藤の誕生日会ということで居酒屋に行きました。
飲み会をするとスポーツ的にもあまり良くはないし、別にシラフで話せばいいじゃんという考えで、また、中身の無い自分は話すことも無いし…みたいなことで正直僕は飲み会というものはあまり好きではなく、積極的にやろうとはしませんでした。
しかし、その考えはあまりにも自分本位な考えだったと反省しています。チームでのコミュニケーションとして、こういった機会も大事だと強く感じました。

今回の飲み会で改めて千葉大学ボート部の絆を感じることができました。
みんな同じ方向を向いているということを再確認しました。
漕手、マネージャー、コーチ、サポート。それぞれ違う立場ではありますが皆の力を合わせてで千葉大学ボート部という組織を漕ぎ進めていきたい。




あ、本当はプレゼントを受け取った2人の写真を貼り付けたかったのですが矢野の喜んだ顏が放送禁止レベルだったのでやめときました。笑




須藤隆

千葉大学ボート部ファイト!

すみません、本文忘れてました…。
組織として目標・団結・雰囲気づくりは一人だけではできないし、一人ひとりの意識が重要ですね。当たり前の話ですが、欠けていた部分です。チャレンジ精神だとか根性だとか人として成長するのは時間がかかり大変なことですが、それらの原動力となる勇気を持つことは今すぐにでもできることなのではないでしょうか?今までの慣れた環境から脱することには大変勇気が必要です。たとえ心の中で思ったり、言葉に発したりしても、実際の行動に移すにもまた勇気と努力が必要です。しかしそれらを乗り越えた先に本当の喜びがあるのでしょうか?それは決して一人でできるものではないし、まして組織にいるのにひとりだけですべきことではないと思います。人の決心というものは、よほどの覚悟や人間性がなければ脆く崩れ去ります。それを踏み留める要因となるものはやはり他者の存在・環境・事実であるのではないでしょうか?休憩もふくめて走り続けることが大切です。
訳わかめな自己満ブログでしたがお許しください。

BUMP OF CHIKEN 「バトルクライ」
自分にひとつウソをついた 「まだ頑張れる」ってウソをついた
ところがウソは本当になった 「まだ頑張れる」って唄ってた

ずっとそうやって ここまで来た

憧れていたプリマドンナ 眠りの中限定パイロット
自分が主役の夢を見て 笑われないうちに忘れるんだ

本当に忘れたの? そりゃむりだよね そりゃそうさ

それがまさに生きていく理由 何かを賭して手にするもの
傷つきながらしがみついて離せない それだけのもの
ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
ひとつのウソにさえ すがる僕に捧げよう
誓いの歌 SHOUT a BATTLECRY

日毎生意気になってやろう 大言壮語も吐いてやろう
最後に見事笑ってみせよう 主役を思い知らせてやろう

本当強がってんだ 強がってまたウソついて

それが僕のわずかな力 ただの強がりもウソさえも
願いを込めれば誇れるだろう 望めば勇気にもなるだろう
ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
ひとつのウソにさえすがる僕の そのウソが誓いに変わる

戦場に赴く戦士に誓いの歌を
優しさでもいたわりでもない 戦い抜く勇気を

ずっと強がってんだ 強がってまたウソついて

それが僕の生きていく理由 何かを賭して手にするもの
傷つきながらしがみついて 離せないそれだけのもの
ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
ひとつのウソにさえ すがる僕に捧げよう
誓いの歌 SHOUT a BATTLECRY

「メーデー」
君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた
君の目の前に居るのに 遠くから聴こえた

発信源を探したら 辿り着いた水溜まり
これが人の心なら 深さなど解らない

呼ばれたのが 僕でも僕じゃないとしても
どうでもいい事だろう 問題は別にあるんだ

息は持つだろうか 深い心の底まで
君が沈めた君を 見つけるまで潜るつもりさ
苦しさと比例して 僕らは近付ける
再び呼吸をする時は 君と一緒に

僕もまた同じ様に 沈黙を聴かれた
君もまた同じ様に 飛び込んでくれるなら

口付けを預け合おう 無くさずに持っていこう
君に嫌われた君へ 代わりに届けるよ

誰もが違う生き物 他人同士だから
寂しさを知った時は 温もりに気付けるんだ

勇気はあるだろうか 一度心覗いたら
君が隠した痛み ひとつ残らず知ってしまうよ
傷付ける代わりに 同じだけ傷付こう
分かち合えるもんじゃないのなら 二倍あればいい

怖いのさ 僕も君も
自分を見るのも見せるのも 或いは誰かを覗くのも
でも 精一杯送っていた 沈めた自分から
祈る様なメーデー

響く救難信号 深い心の片隅
こんなところにいたの 側においで 逃げなくていいよ
触れた発信源に 届けるよ 口付け
君から預かってきたんだよ

勇気はあるだろうか 一度手を繋いだら
離さないまま外まで 連れていくよ 信じていいよ
息は持つだろうか 眩しい心の外まで
再び呼吸をする時は 君と一緒に

| ホーム |


 BLOG TOP